CLICK or DRAG

MIZUKI KANEKO


Corporate本部


モアコンタクト事業部

CLICK or DRAG

CLICK or DRAG

2017年入社 Corporate本部/モアコンタクト事業部

MIZUKI KANEKO

Corporate本部/モアコンタクト事業部 金児泉希

Corporate本部とモアコンタクト事業部での金児さんの役割は?

Corporate本部では人事として採用業務や、noteを運営しRise UPの広報を行ったり、 グループ会社とミッション・ビジョン・スローガンの策定から、グループ会社とのシナジーを 生むための組織作りを行っています。
モアコンタクト事業部では、FAN Marketingチームに所属し、SNSやサイト内で独自コンテンツを生み出したり、 インフルエンサーとのコラボ企画を実施することで、モアコンタクトのファンを増やす取り組みをおこなっています。

Rise UPに入社した理由は?

スピード感をもって
早くから活躍できる環境

裁量権を持つスピードの速さとその幅の大きさです。
自らの成長を支えるのは、自ら考え、それに基づいた判断を実行し続けることだと思っていて、 そのような機会をいかに早く何度経験できるか、というのを就職活動の軸にしていました。
実際、Rise UPは手を挙げた人がチャレンジできるというのが強みだと思いますので、 ステークホルダーを巻き込みより大きなチャレンジしたいという人はRise UPにマッチするのでは ないでしょうか。

入社後行った、自分の中での大きな挑戦は?

興味を持ったことには
何でもチャレンジ!

新卒では商品開発の部署に配属され、入社3ヶ月後からプロダクトオーナーとして新しいブランド を作りました。その後、モアコンタクト事業部でマーケターとして「事業」、Corporate本部での「組織」 の両軸からRise UPに貢献したいと思い、Rise UP初の兼務制度を実現させキャリアをつくっています。
新しい領域にどんどんチャレンジし、できることを増やしていくことで世界が広がっていく感覚がすごく楽しいなと思います。

ビジョン実現のために自分だから
貢献出来ることは何だと思いますか?

人と人を繋ぐ架け橋になり、
Rise UPだから提供できる
価値を生み出す

兼務しているということを最大限に生かしたいと思っています。
業務を行う上で、チームや部署で完結しようとしてしまうこともあるかと思いますが、 お客様により良いものを届けたり、さらにより良い組織をつくるために、部署やチーム、 役割、役職関係なくそれぞれの架け橋になり、垣根を超えたシナジーを生み出していきたいです。
それが私たちにしか生み出せない価値を提供し続ける後押しになるのではないかと思っています。
また、私自身喋ることがすごく好きで、広報の業務やライブ配信をする中で、 お客様や社外の人たちにもRise UPの魅力をもっとアピールしていきたいですね。

VISION今後のビジョン

Rise UPに所属するメンバーが「Rise UPに入ってよかった」「Rise UPで働くのが楽しい」 と思ってもらったり、社外の人たちにも「Rise UPっていい会社だな」と思ってもらえるような 組織づくりをリードしていきたいです。
また、人事の仕事に携わったことでより組織づくりに興味が湧き、兼務中のモアコンタクト事業部でも 同じ部署のメンバーの働きやすい環境づくりや提供価値を最大化させるサポートを行っていきたいです。

説明会の申し込みへ

あなたの挑戦が
"あたりまえ" を変えていく。