NEWS

「モアコンタクト」が中国の大手 越境ECアプリ「豌豆公主(ワンドウ)」に出店しました

2016.05.04


株式会社Rise UP(本社:大阪府大阪市、代表取締役:東 信介)は、Inagora株式会社(代表取締役:翁 永飆 所在地:東京都港区赤坂)が運営する中国向け越境ECアプリ「豌豆公主(ワンドウ)」にて、カラーコンタクトレンズ専門店「モアコンタクト豌豆公主店」としてサービスを開始しました。

当社運営の日本最大級カラーコンタクトレンズ専門店「モアコンタクト」の販売ノウハウを活かし、同プラットフォーム内唯一のカラーコンタクトレンズ販売店として中国のお客様に向けて日本ブランドの商品をご提案します。

Inagora社は、2016年2月のシリーズAラウンドに続き、5月25日にシリーズBラウンドの第三者割当増資を実施し、総額2,000万ドル(約24億円)を資金調達しており、2015年8月のリリース以来ユーザー数は100万以上と、急速に発展している越境ECプラットフォームです。

日本における中国向け越境ECの取引高は2014 年に 6000億円 を超え、2018年には1兆4000億円に達すると予測されています。とりわけ日本の商品に対する女性の関心は顕著な高まりを見せており、今後も大きな成長が見込まれています。

ライズアップは、より多くのお客様に商品を通じて驚きや感動を提供するために、中国市場の開拓と成長に邁進して参ります。

———————————

■”情報発信型”越境ECサービス「豌豆公主(ワンドウ)」について
中国の20~30代の富裕層の女性をターゲットに、良質な日本製商品を最新のライフスタイル情報とともに提供する”情報発信型”越境ECサービスです。2015年8月のリリース以来、ユーザー数は100万以上、1日の最高注文数は5000件を突破し、急成長しております。(2016年4月時点)。取扱商品数は3000SKUを超え、ファッションや美容化粧品から日用品、食品など多岐にわたったジャンルの商品を取り揃えています。

■モアコンタクトについて
「モアコンタクト」は、クリアコンタクトレンズ・カラーコンタクトレンズをはじめ瞳の健康を守るケア用品を取り扱う日本国内最大級のコンタクトレンズ通販サイトです。高度管理医療機器承認を受けた15,000点を超える豊富な品揃えと徹底した商品管理により、多くの会員の方々から支持を得ています。
2016年に4月には中国向け自社越境サイト「MOREOCONTACT美瞳直送网」をオープン。様々なチャネルで日本のカラーコンタクトレンズの魅力をお届けしています。

■Inagora株式会社 概要
社名:Inagora株式会社
所在地:東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ3F
設立 : 20014年12月
代表取締役:翁 永飆
URL:http://inagora.com/

■株式会社Rise UP 概要
社名 : 株式会社Rise UP
所在地 : 大阪市中央区東心斎橋1-20-16 アイリス心斎橋ビル8F
設立 : 2003年7月
代表者 : 代表取締役 東 信介
URL : http://r-up.jp/

  •  >
  •  >
  • 「モアコンタクト」が中国の大手 越境ECアプリ「豌豆公主(ワンドウ)」に出店しました