CLICK or DRAG

MIZUKI KANEKO


ヘルス&ビューティケア


事業部

CLICK or DRAG

CLICK or DRAG

2017年入社 ヘルス&ビューティーケア事業部

MIZUKI KANEKO

HEALTH & BEAUTY CARE ヘルス&ビューティーケア事業部 金児泉希

ヘルス&ビューティーケア事業部での金児さんの役割は?

より豊かな人生、輝く人生を実現するWellnessの領域で、自社ブランド「Rise UP Wellness」のブランドオーナーの役割を担っています。Wellness領域の中でも特に注目されているHealth&Beautyの商品企画から開発、販売後のプロモーションまで、一連の流れすべてに携わっています。

Rise UPに入社した理由は?

チャレンジしたい人に
重役を任せる文化に惹かれて

私だから提供できる価値を生み出すために、自分のスキルを高める。それを実現させる一番の近道は、はやい段階で大役を任せてもらえることだと教わりました。「やりたい」と手を挙げた人に任せるRise UPの文化は、自分の可能性をどこよりも発揮できると強く感じて、入社を決意しました。私の夢は最速で叶い、入社2年目からRise UP Wellnessのブランドオーナーという大役を任せていただいています。

入社後、新しい視点が増えて変わったことは?

膨らむイマジネーションで
選択肢を広げていく

1つの商品を異なる年齢・性別の方に届けることは、一概にいきません。商品を企画する際は、誰に届けたいのかを明確化した「メインターゲット」を必ず設定します。そこから派生して、メインターゲット以外にも購買欲求を引き出すために、商品の特徴の伝え方、提案方法など、チームで考えを共有しカスタマイズしていく。それが功を成し、違う角度から商品の価値を届けることができました。これは【チームで】1つの商品を様々な視点・角度から見ることにより、お客様の選択肢を増やすことができた結果だと思います。

ビジョン実現のために自分だから
貢献出来ることは何だと思いますか?

私だからできる「価値」の追及で
より豊かな人生を提供し続ける

“健康”をゴールではなく手段と捉えて、健康促進と予防に重きをおく「Wellness」の考え方。その考えをベースに「Rise UPだから提供できる価値は何か?」「期待値を超えた先はどういう状態が望ましいのか?」を常に考えて提案し続けています。世の中のたくさんの人々の人生に寄り添い、私たちにしか提供できない価値を、Rise UP Wellnessの商品を通して届け続けることが私の使命です。

VISION今後のビジョン

「私だからこそ提供できる価値で、その人に寄り添えるものを届ける」。これは、私が掲げる今の目標です。商品開発において重要な、真のニーズの明確化。理想の状態へと近づき続けるために、視野を広めて様々な角度からアイデアを生み出していきたいと思います。Visionは不変ではなく、実現していく中で変化するもの。時代の流れに沿いながら、Rise UPを通して私だから描ける商品をお客様へ届けていきます。

ENTRY

視点が増えれば、世界が変わる。